長さの単位を換算できる一覧表を作りました

投稿者 :吉島航日子 on

インチ、フィート、ヤード、マイルってどれくらいの長さ・・・

わたしたちは普段、長さを測るときにメートル、センチ、キロという単位を使うことが多く、感覚的にも慣れていますよね。
でも、身の回りの物ではスマホの画面サイズは6インチ、7インチとか、テレビ画面だったら20インチ、50インチなどでサイズを表示します。
それから、ゴルフをする人なら、ボールが飛んだ距離を100ヤードとか、ピンまであとどれくらいかをヤードで表します。
また、MLBで活躍する大谷投手が投げるボールを時速100マイルと表示したり、外野のフェンスまでの距離を400フィートとしたり。
それらの違いは、メートル、センチ、キロならメートル法で規定された長さを表示しており、一方のインチ、ヤード、フィート、マイルはヤード・ポンド法によって規定された長さなんです。

日本で使われてきた寸、尺、間、里って・・・

日本でも昔は尺貫法によって、寸、尺、町、里など様々な長さの単位が使われていました。
その起源は、現代ほど緻密ではなくとも、江戸時代よりも遡ってとても長く日常的に使われてきたものです。
日本でも世界でも古今東西、それらの歴史で使われてきた長さの単位は現代も残り、全ては統一できず、用途によって様々な単位が混在して見られることになりました。
そうすると、インチやフィートと表示されたときに何センチ、何メートルかな? あるいは、日本の街道に残された何十里と書かれているのは何キロなのか、古くからある物を五寸と測っているのは何センチなのか、疑問になります。
そんな時にネットを使って調べるのも便利ですが、紙一枚の一覧表にまとまっていれば分かりやすいと、作ってみたのが今回の「長さの単位 換算表、メートル換算早見表」です。

・センチメートル(m)
・メートル(m)
・キロメートル(km)
・インチ(in)
・フィート(ft)
・ヤード(yd)
・チェーン(ch)
・マイル(ml)
・厘
・寸
・尺
・間
・尋
・丈
・町/丁
・里
・海里


これらすべての単位をそれぞれに換算できる一覧表となっており、どれくらいの長さなのか分かりやすくできています。
単位の変換をすると、割り切れない数字となる事も多いので、目安として捉えやすい数まで掲載しています。
またウラ面には、ヤード・ポンド法の単位をメートル法に、そして尺貫法の単位をメートル法に換算した、便利な早見表も作りました。
良く使う長さの数値を基準に、1の位から2桁まで、長さによっては3桁4桁まで一覧にしているので、難しい計算をしなくても簡単に変換して、使い慣れたメートル単位に置き換えることができます。

もちろんコレヤコノならではの見やすい色分けデザインですので、見ているだけでアレもコレもすいすいと目に入って学べることも。
ぜひ一枚、机の上に置いてお使いください!

長さの単位換算表、メートル換算早見表はこちら!


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。